効果的なしみ治療

サイトマップ
シミ取り皮膚科仙台へ

ホーム

加齢

皮膚科

メラニン

あちこち

シミ取り

悩み

年齢

ビタミンC

美容皮膚科

クリニック

施術紹介

治療方法

人気

沈着

評判

保険適用

レーザー

費用

安い皮膚科

しみ取り

摂取量

シミ取りは、皮膚科で治療することができます。

主にレーザー光線を当てて行うことが多くあります。
皮膚科の医師の診察を行い、シミの原因や種類、治療方法を決めていきます。

シミ取り治療を行う際には、眼瞼などにレーザーの光が当たらないように遮光して行います。
治療後は、患部にテープを貼り、軟膏を塗ります。

当日メイクをすることが可能な場合もありますが、
照射後は通常は1週間から10日後に再度皮膚科を受診して経過を見ていきます。

個人差は多少ありますが、シミ取りの目的でレーザーを当てた直後は、
皮膚は軽い火傷を敢えて起こさせているため、1週間から2週間、火傷が治るのを待ちます。
火傷が治ると、皮がむけて、ピンク色の新しい皮膚が見えてきます。

そして、約1ヶ月ほどでピンク色が皮膚に肌色になじんでいき、シミのない美しいお肌になります。

あえてやけど状態にして、その部分の肌の生まれ変わりを促進するのです。
怖いような気もするけれど、しっかりと説明を受けてみると安心の方法なのです。
気になる方は、皮膚科に相談に行ってみるといいでしょう。

目立たないように

やけど状態と言ってもかさぶたになるくらいのもので、そんなにひどい状態ではないのです。
メイクが終わってすぐにできるのですから、上手く目立たないようにもできるでしょう。
注意しておきたいのが、かさぶたをはがさないこと。
途中ではがしてしまっては跡も残りかねません。
ですからあまり患部にしっかりメイクをするということは避けた方が良いかもしれません。


ふろしきのことなら京都のれん株式会社。丁寧なものづくりを行っております。

 

 トップにもどる 

このページのTOPへHOMEへ戻る

|

Copyright © しみ治療まとめサイト. All Rights Reserved.